パーソナリティ障害など精神疾患を改善~抱えた悩みを解消~

様々な種類が存在

診察

精神疾患のパーソナリティ障害を患ってしまった場合、周囲に迷惑をかけることがあるので早めに治療を行う必要があります。パーソナリティ障害にも様々な種類が存在し、妄想性パーソナリティ障害や統合失調型パーソナリティ障害など色々あります。妄想性パーソナリティ障害の場合、被害妄想をしてしまう傾向にあるため他人を疑う他にも何気ない一言にも悪意を感じてしまうなど様々です。妄想性パーソナリティ障害の場合、家族も信用することが出来ずに場合によっては暴力を振るってくるなどの傷害も発生するので早急な対応が必要となってきます。統合失調型パーソナリティ傷害の場合は魔術が使えるなど思い込みをするタイプとなっており、宗教などにも凝るなど様々な症状が現れます。また、コミュニケーションが取りにくくなってくるので仕事面にも影響し、安定した生活を送ることが難しくなってくるものだと考えられます。

統合失調型パーソナリティ障害と似ている種類に統合失調質パーソナリティがありますが、感情をあまり表に出すことが無い症状が挙げられます。そのため、喜怒哀楽がわかりにくく冷淡な性格となっているので周囲に馴染むことが難しいタイプになります。また、協調性が欠けているのでチームで協力することも苦手となっており、一人で行動することが多く見受けられます。統合失調型パーソナリティの場合は安定した社会生活が難しくなりますが、反対に統合失調質パーソナリティ障害の場合は常識を越えた発想をするので仕事によっては成功するのです。統合失調質パーソナリティ障害で研究者や音楽家、芸術家や霊能者など様々な職種で活躍している人もいるので特に重く考える必要もありません。しかし、パーソナリティ障害はうつ病に発展することもあるのでそのままにせずしっかりと治療を受けることが大切となります。

感情的になってしまうパーソナリティ障害には境界性パーソナリティ障害が挙げられ、境界性パーソナリティ障害は若い女性に多く見受けられる症状となっています。私たち人間は誰かに必要とされていることで生き甲斐を感じることもあるのですが、誰にも必要とされていない場合は生き甲斐を失ってしまうこともあるのです。境界性パーソナリティ障害は極端な発想ではあるのですが、友人が少し遅刻しただけでも自分は必要ない、見捨てられたなど思い込んでしまうのです。また、好意を持っていると思い込み相手の気持ちを無視して執拗に接してくる部分もあり、好意がないと知れば批判をするなど極端な態度をとってしまうのも境界性パーソナリティ障害の症状となっています。

境界性パーソナリティ障害になる原因としては幼少期が影響していると考えられ、親を必要とする時期に親から冷たい態度をとられることで10代後半や20代など大人になってから発症します。そのため、トラウマのようになってしまい見捨てられたと勘違いしてしまう行動は境界性パーソナリティ障害を悪化させてしまう可能性があるのです。境界性パーソナリティ障害は感情的になったり、衝動的な行動を起こしたりすることもあるので、早めに専門の医師へ相談する必要があります。

Copyright © 2015 パーソナリティ障害など精神疾患を改善~抱えた悩みを解消~ all reserved.