パーソナリティ障害など精神疾患を改善~抱えた悩みを解消~

可能性の高い原因

女性

多くの症状が存在するパーソナリティ障害ですが、はっきりとした原因はわからないのでどうしようもないことが多いものです。しかし、幼少期の経験が影響している可能性が高いパーソナリティ障害も存在するので把握しておくことが大事です。現在、自分に子どもがいる場合や将来生まれてくる子どものことを考え、原因を知っておくことでその子の将来も変わってくるものだと考えられます。

幼少期の影響で発症している可能性が高いものに反社会性パーソナリティ障害があり、家族や周囲から大切に思われていない他にも毎日叱られていると感じる子どもが反社会性パーソナリティ障害になりやすいのです。家族の愛情を感じることが出来なかった子どもは、万引きなどを平気で繰り返してしまうものです。未成年の場合、成人と違って逮捕されるなど責任を問われることがほとんどないので繰り返し行う傾向に見られます。しかし、成人しても同様に繰り返し行なっている場合反社会性パーソナリティ障害の可能性があると考えられます。

自己愛性パーソナリティ障害も幼少期に原因がある可能性が考えられ、褒められることをしたらしっかりと褒めてくれるのですが失敗をすると何も言われないなど、結果でしか見てもらえないと自己愛性パーソナリティ障害になってしまう可能性があります。そのため、周囲の目や評価ばかりを気にしてしまう傾向に見られるのですが他人に対しての評価は過小評価するなど極端な面が見られるのです。周囲から褒められてほしくて自分の評価を高く掲げるのは良いことですが、少しでも周囲の評価が下がってしまうと落ち込んでしまうので精神が不安定な状態にあります。

反社会性パーソナリティ障害や自己愛性パーソナリティ障害は、幼少期の家庭環境が大きく影響しているものだと考えられます。愛情を与えることは良いことですが、叱る時はしっかりと叱るなど共感性を教えることによってパーソナリティ障害を避けることが出来るものもあるといえるでしょう。パーソナリティ障害を発症してしまった場合は、愛情を伝えると共に安定した態度で接することが重要となってきます。感情を露わにしてしまう他にも、冷静さに欠けないようにと冷淡な態度をとってしまう人もいます。しかし、接し方次第でパーソナリティ障害の症状悪化を招いてしまう恐れもあるのでどのように接して良いのかわからない場合は医師に相談することが大切です。

Copyright © 2015 パーソナリティ障害など精神疾患を改善~抱えた悩みを解消~ all reserved.